FC2ブログ

2015年05月の記事 (1/1)

日本初導入RCF ラインアレイ D-LINE HDL10-A, 15-AS

イタリアのスピーカーメーカーRCF D-LINE HDL10-A,15-ASを4/2対向導入致しました。
これはハイボックスのウーファーが8インチダブルでセンターにハイのドライバーがマウントされ、
各ボックスがアンプ内蔵のアクティブタイプです。

兄貴分?のHDL 20-Aが10インチダブルですので10-Aが弟分と言うところでしょう。
しかし、重量で言うと20-Aが29kg、10-Aが25,4kgとなり、このわずか?3,6kgの差は凄く大きく、
いざスタックしようとなるとたぶん20-Aはふたりがかりでないと危険ですが、10-Aはなんとか
ひとりで4/2対向のスタックが可能です。(これ凄く重要でありがたい!)

サブウーファーは代理店さんのお薦めは18インチダブルだったんですが、
ハイボックスのウーファーが8インチでいきなりサブの18インチダブルと言うのはなかやろ?!
おそらく繋がりはよくないはず・・・たぶん  重いし・・・
て事で15インチシングルサブです。
これもひとりで抱えられる39kg ん~ありがたい! 
結果、この4/2セットであれば2/1対向現場が2会場出来るわけでこれが正解ですよね?





で、G/W最終日に現場デビューしました。
会場キャパは500程度で、演歌歌手が来られての生バンドでした。
011_convert_20150507190451.jpg

デモをお借りしてパワー感などはわかってましたので2/1対向でも大丈夫とは思ってはいましたが、
余裕をみて3/1対向のセットで臨みましたが、やはりそこまで必要なくリハ中にハイボックス1台ずつ
電源を落とし2/1対向にしました。
本番中も何の問題も無く、終わってからはクライアント様、ご来場のお客様、同行スタッフからも
大変評判も良く、まだ使い始めですがこのシステムにして良かったと感じました。

ちなみに、仕込みを終えワンツーした瞬間、必要無いと思いグラフィックEQを外しました。
スポンサーサイト